COLUMN

知っていますか?
紫外線のこと

2

肌老化の原因

肌に悪影響を与える原因は、おおまかに分けて2つあります。外からの刺激である外的要因と、身体の調子からくる内的要因です。
本来、人間の全身を覆う肌は、生命活動を守る器官として、外からの刺激を防御し、排出する機能を備えています。ですが、外的要因や内的要因が加わることでその防御力が低下し、さらに刺激を受けやすくなってしまいます。

外的要因の中でも、肌にもっとも悪い影響をおよぼすのは紫外線です。米国皮膚科学会では、老化の約80%が紫外線(光老化)による影響と言われています。

紫外線を浴びると、皮膚の中で活性酸素が発生します。活性酸素は細胞にダメージを与えて活動を弱めるとともに、美肌のもとである真皮の中のコラーゲン線維やエラスチン線維などを分解する酵素の産生を促進してしまいます。
つまり、肌の水分やハリ・弾力が奪われてしまうということ。その結果、肌が乾燥したり、しわやたるみが生じやすくなったりしてしまうのです。
1
3

肌に影響する紫外線の種類

太陽は波長の異なるガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線を放出しています。その中でも紫外線は紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波の3つに分かれています。

紫外線A波(UV-A)=長波長紫外線(320~400nm)
紫外線B波(UV-B)=中波長紫外線(280~320nm)
紫外線C波(UV-C)=短波長紫外線(280nm以下)

有害なUV-Cと、UV-Bの一部はオゾン層に吸収されるため地表には届きません。
地上に届く紫外線のなかでは、波長が短くなるほどエネルギーが強く、皮膚への影響が大きくなってきます。
つまり、UV-Aは皮膚内部への透過度は大きいですが、ダメージは少なく、UV-Bは透過度は小さいものの皮膚へのダメージが大きいということです。

紫外線を浴びた肌はどうなる?

紫外線が当たっている間やその直後から生成されたメラニンは、皮膚のターンオーバーとともに排出されていきますが、排出しきれずに残るとシミになります。また、繰り返し紫外線を浴びるとメラノサイトの数自体が増え、より肌は黒くなり、シミだけでなく皮膚ガンになることもあります。

4
5

生活紫外線 UV-Aがもたらす影響

波長の長い紫外線A波は地上の紫外線の約9割を占め、真皮にまで到達します。日常生活で知らず知らずのうちに、またガラス越しに長い間浴び続けることで、メラノサイトを活発にし、皮膚の黒化(サンタン)を起こしたり、肌の弾力を保つエラスチン線維やコラーゲン線維を変性させ、しわ・たるみの原因になったりします。

レジャー紫外線 UV-Bがもたらす影響

エネルギーが強く、空気中の水分で吸収されますが、散乱性が高いため、あらゆる方向から肌に届きます。おもに表皮にダメージを与え、炎症やしみの原因となるだけでなく、直接的に細胞の遺伝子を傷つけるなど、生体への影響が強いです。いわゆる日焼け(皮膚に赤く炎症を起こす=サンバーン、メラニンを増加させ肌の黒化=サンタン、シミ・そばかす)を起こします。

6
7

季節や天候で変わる紫外線量

紫外線の強さや量は場所、季節、天候、そして一日のなかでも時間帯により大きく異なります。

月ごとのUV-AおよびUV-B量

UV-Bは夏の7月~8月の間は特に強く、冬になると一気にその量が減ります。一方、UV-Aは4月~9月まで強い時期が続き、冬になっても半分程度しか下がりません。つまり、UV-Aは1年の変動が少なく、年間を通して紫外線ケアが必要になります。

天気ごとのUV量

紫外線は雲によりある程度遮断されるため、曇りや雨の日には地表に到達する量は減少します。しかし、UV-AはUV-Bに比べ雲による影響が小さいため注意が必要です。また、UV-Bでも薄い雲ではその80%以上が透過してしまいます。
左の図は、快晴の日のUV量を基準とし、天気ごとの相対的な割合を示したものです。晴れであれば快晴の場合と量はほとんど同じであることがわかります。また、ほぼ全天を雲が覆っていても、薄曇りの場合、快晴時の約8~9割のUV量があり、曇りの場合は快晴時の約6割。雨の場合には、快晴時の約3割まで減ります。

8
9

紫外線はあちこちから

紫外線は、太陽からの直射だけでなく、空気中のちりやほこりなどに散乱されたり、地表面で反射されたりして肌に届きます。快晴時正午でUV-Bの散乱光は全体の50~60%にもなり、実は日陰でも日焼けしてしまうのです。

赤道に近づくほど、また、高地になるほど紫外線は強まるため、場所によって紫外線量は異なります。地表の表面状態によっても紫外線の反射率は異なり、新雪は約80%、砂浜は約25%を反射します。また、水面の反射率は約20%ですが、例えば海に潜ると紫外線は約95%を透過するので、水の中も注意が必要です。

しっかりやろう!紫外線ケア

・つねに日やけ止めを塗る
・日やけ止めは2~3時間に1回塗り直しをする
・日傘、帽子を使う
・日やけ後のケアをしっかり行う
・低刺激の洗顔(界面活性剤を使わない)
・保湿は徹底的に行う

外に出かける時だけ紫外線対策を行うのではなく、バリア機能を保つための日頃のスキンケアが大切です。
界面活性剤フリーの洗顔料で必要な皮脂を落としすぎないようにし、保湿は念入りに行いましょう。

10

toTOP