COLUMN

冬の「かくれ脱水」に
気をつけて

水を飲む

みなさん、水を飲んでいますか?

人間の体の約60%が水分でできていることはよく知られていますよね。

この水分とは、血液、リンパ液、消化液などの「体液」のことです。
体液が全身を循環することで、体に必要な酸素や栄養分が細胞に運ばれ、不要な老廃物は尿として排泄されます。

通常体液は、汗や尿で体外に排出される水分と飲食によって体内に取り入れられる水分とのバランスが保たれています。

しかし、暑さによって大量に汗が出たり、下痢・嘔吐をしたり、水分の摂取を控えたりするとバランスが崩れてしまいます。

これを放置すると脱水状態に陥り、脱水症という病気になってしまうのです。

「まあでも冬は汗をほとんどかかないし、夏ほど水分を取らなくてもいいよね」
いいえ!冬は実は気づかないうちに体液が失われ、脱水状態になっていることがあります。

なぜ脱水になるのか。それは「乾燥」が原因です。
体液は汗や尿のほか、皮膚からの水分蒸発によっても体外に出ていきます。湿度が低く、乾燥する季節はこの水分蒸発が進むため、より体液が失われやすいのです。

さらに、暑い夏に比べると喉の渇きを感じにくいため、水分を積極的にとらず、結果、体の外へと出ていく水分は多く、体の中に補給される水分は少なくなってしまい、知らないうちに脱水状態になってしまいます。

これを「かくれ脱水」と言います。

脱水状態になると肌の乾燥も進み、肌荒れしやすくなります。
美肌のためにもしっかりと水分補給をすることはとても大切なのですね。

では、お肌に効果的な水の飲み方とは何でしょうか?

よく1日1.5~2ℓの水を飲むといいといわれますよね。
確かにそうですが、これだけの水を一気に飲むのはNGです。

1日に何回かにわけてこまめに飲むことがポイント。
そのタイミングはいつがいいかと言うと、「喉が渇いたと思う“前”」です。「喉が渇いた」と思ったらそれはもう脱水状態なので注意!
私は小学校のときに保健の先生に言われてから「喉が渇く前に水を飲もう」と意識してきました。

また、飲む水の温度も冷たいものより温かいもの、できれば水を煮詰めた白湯がベスト。特に冬は身体を冷やさないようにすることも意識して!

お肌の乾燥には、スキンケアでアプローチすることはもちろん、体の中からのケアも大事です。
「かくれ脱水」に気をつけて、お肌も身体もしっかり水分補給をしていきましょう。

toTOP