COLUMN

口内スッキリで病気予防!

朝うがい

最近は朝夜が本当に寒くて、毎朝布団から出るのに一苦労です。
外が暗くて覚醒しづらいのもありますが、わたしの場合、布団から出るのに5~10分くらいかかります(笑)

なんとか布団から這い出して、さて始めにすることは・・・
『うがい』です!

なぜうがいなのか?
実は眠っている間に口腔内は細菌だらけになっているからです。

口の中の唾液には自浄や抗菌作用があり、分泌されることで口腔内の環境を守っています。
でも睡眠時はこの唾液の分泌量が減ることで、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。(特にいびきをかく人や口を開けて寝ている人は口の中が乾きやすく、細菌がより繁殖しやすくなるので、注意!)

つまり寝起きの口の中は細菌だらけ!
歯周病や虫歯などの口腔内の病気だけでなく、黄色ブドウ球菌や肺炎桿菌、インフルエンザ菌などによって、身体の病気を引き起こすこともあります。

だから、寝起きの『うがい』は大切なのです。

いま、コロナやインフルエンザ予防でうがいが習慣化されていると思いますが、帰宅時だけでなく、起きてすぐのうがいもぜひ意識してみてください。

それでは、
気温の変化で体調を崩しやすい時季ですので、
みなさんもお気をつけくださいませ。

toTOP