COLUMN

美しい肌って?

1

先週はすっきりしない日が多かったですが、
名古屋は昨日、今日とよく晴れて、気持ちいい日になりました。
わたしは久しぶりに日光浴ができて、清々しかったです。

紫外線の浴びすぎは肌老化を招く原因になりますが、身体に必要な栄養素ビタミンDを生成するために太陽の光はとても重要です。
特に妊婦さんがビタミンD不足になると、生まれてくる赤ちゃんにも影響し、背中が曲がったり、足の骨が変形したりする「くる病」を発症する可能性もあるそう。

日差しが強い日中は避けて、朝や夕方に15分ほど散歩に出かけたり、窓辺で日光浴したりするのがちょうどよく、オススメです。

さて、今日は「美しい肌」についてお話します。
みなさんは「美しい肌」ってどんな肌を指すと思いますか?

よく美肌の条件として言われるのがコチラ↓

う・な・は・だ・け・つ

なんじゃこりゃという感じですが、
これは美肌の条件である単語の頭文字をとったものです。

つまり、
う → うるおい
な → なめらか
は → はり
だ → 弾力
け → 血色
つ → つや
ということです。

文章にすると、
「潤いがあって、すべすべしていて、ハリ・弾力があって、顔の色艶がよい」
と言ったところでしょうか。

みなさんは当てはまりますか?
全部当てはまった方、素晴らしいです!ぜひこの状態をキープしてください。
当てはまったり、当てはまらなかったりした方、足りない部分を補うケアをしてみてください。

例えば、
潤いが足りない方は保湿、バランスの取れた食事、UVケアをしたり、はりが足りない方は顔筋を鍛えたり、血色が悪い方はマッサージ、運動、睡眠をとったりなどなど。

お肌全体のバランスを考えながら取り入れると効果が出やすいです。
ぜひ意識してみてくださいね。

ちなみに、「美の本棚」の『知っていますか?お肌のこと』では、お肌の構造やFIBROdermaアイテムを使った季節ごとのケアをより詳しく紹介しています。
ぜひご覧くださいませ。

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
素敵な夜になりますように。
SILK85のあーちゃんでした!

toTOP