COLUMN

五島産つばきでつくる
黄金のオイル

1

みなさん、世界三大オイルって何か知っていますか?

オリーブオイル、アルガンオイル、セサミオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル・・・
世界にはいろんなオイルがありますが、その中でもオリーブオイルとホホバオイルは世界三大オイルのひとつに数えられます。

じゃあ最後のひとつは何かというと・・・
カメリアオイル!つまり椿油です。

みなさんは知っていましたか?
わたしは全っ然知りませんでした。

この3つのオイルは美容の定番だそうです。

椿油が髪や肌にいいことは知っていましたが、まさか世界三大オイルのひとつとは。
侮っていました、すみません。

ということで、今夜はFIBROdermaの「シルク オイルインジェル」にも使われている“椿油”についてお話します。

椿油は、85%以上がオレイン酸でできています(←オリーブオイルよりも多い)。
オレイン酸とは、人の肌のバリア機能である皮脂膜を構成する成分。肌と同じ成分なので、すっと浸透し、なじみが良く、かつ保湿力が高いのが特徴です。

ほかにも
◆皮膚を柔らかくする
肌を柔らかくしてターンオーバーを正常化してくれます。
◆紫外線に強い
UVカットだけでなく、紫外線による乾燥・しみ・しわなどのトラブル対策にもピッタリ!
◆殺菌作用
サポニンという成分による殺菌作用で、ニキビケアにも。
◆汚れを取り除く
皮脂の汚れを浮かして取り除く作用があり、顔や頭皮のクレンジングにも最適。

という素晴らしいパワーがあります。

ちなみに、FIBROdermaの「シルク オイルインジェル」に配合されている椿油は、長崎県五島列島に自生する「五島椿」のオイルを使っています。

五島列島は、対馬暖流の影響を大きく受けて、気候は年中温暖。そのため、椿の原種である「ヤブツバキ」などの照葉樹林が広がっています。
古くから上質な椿油の産地として知られ、1000年以上前にすでに唐への輸出も行ってたというからびっくり。
平安時代には租税品として朝廷に納めるなど、とっても歴史のある椿油なのですね。

わたしはまだ五島列島へ行ったことがないのですが、椿の開花時期には天然のヤブツバキが一面に咲き乱れ、それは見事な景色だそうです。

一度は見に行きたいですねー。
あ、そういえば、五島の名物「五島うどん」にも椿油を使っているそうです。
「日本三大うどん」のひとつで、細麺ながらコシがあって美味しいんだって。
食べにいきたーい!

わたしは、椿油は主に髪やツゲ櫛のお手入れに使っていたので、料理にも使えるんだなーと新たな発見ができました。

みなさんは椿油を使っていますか?
椿油のオススメな使い方がありましたら、また教えてください。

今日も読んでいただき、ありがとうございました!明日もよろしくお願いします。
SILK85のあーちゃんでした!

toTOP