COLUMN

香りで体を整える

4

みなさんの好きな香りはどんな香りですか?

フローラル系?シトラス系?ハーブ系?グリーン系?それとも・・・

香りを嗅ぐとなんとなく気分が落ち着いたり、スッキリしたり、高揚したりしますよね。
わたしは寝る前にアロマオイルで香りを楽しんでいます。
とてもリラックスできて、あっという間にぐっすりです。

どうして香りを嗅ぐだけでリラックスできるのでしょう。

実は、「香り」の電気信号はダイレクトに脳に届き、自律神経やホルモン、感情を司る機能に直接働きかけ、不調を調整することができるからなんです。

もっと具体的に言うと、香りは鼻の中の嗅上皮という粘膜で電気信号となって、本能を司る大脳辺縁系へ。そして、自律神経の中枢「視床下部」やホルモン分泌にかかわる「下垂体」に伝わり、それぞれの香りの成分に対応して神経科学伝達物質(ホルモン)が分泌されます。

つまり、思考を司る大脳新皮質ではなく、本能を司る大脳辺縁系にダイレクトに伝わることにより、頭で考えるより先に心と体が反応するというわけですね。

じゃあ、どんな香りがいいのかと言うと、
シーンによって変わります。

例えば、
◆リラックスしたいときは、オレンジ、ベルガモット、ゆず、ラベンダー、ネロリなど。
◆ぐっすり眠りたいときは、ラベンダー、サンダルウッド、イランイラン、カモミールローマンなど。
◆集中力UP・リフレッシュしたいときは、ローズマリー、ペパーミント、ブラックペッパー、レモンなどスッキリとした香り。
◆心のバランスを保ち気持ちを前向きにしたい時は、ローズ、ゼラニウム、ジャスミン、ベルガモットなどの香りがオススメです。

とは言っても、好きな香り、嫌いな香りは人それぞれ。
いくら効果があると言っても嫌いな香りでは不快になるだけで、意味がありません。

自分の好きな香りをまず見つけてみることが大切です。

ちなみに、FIBROdermaのフェイスケアアイテムには、バラの女王「ダマスクローズ」が配合されています。
このダマスクローズからローズオイルを1グラム抽出するにはなんと2千本以上のダマスクローズが必要です。
そのため「ダマスクローズオイルはプラチナよりも高価」と言われるくらい貴重なものになります。

じゃあなぜそんな貴重で高価なオイルを配合しているかと言うと、このダマスクローズには女性に嬉しい効果効能がたくさんあるからです。
例えば、自律神経を整えたり、更年期障害を軽減したり、子宮強壮、便通改善、肌の保湿効果、抗菌・抗炎症・・・
まだまだあります。

全部お教えしたいのですが、今日はここまでにします。
続きは今後の投稿で!

今日が素敵な1日になりますように。
SILK85のあーちゃんでした!

toTOP