COLUMN

シルクで
肌の内側から輝く素肌を

1

突然ですが、みなさん、顔を洗いすぎていませんか?

例えば、
日中、肌がテカったり、
洗顔後、肌がつっぱったり、
メイク崩れが気になったり、
毛穴が目立ったり・・・

当てはまる方がいたら、それは顔を洗いすぎているからかもしれません。

わたしは以前テカリに悩まされていました。
皮脂がちゃんと取れていないのかな、と朝晩泡で洗顔し、サラッとした化粧水や乳液で保湿。
でも全然よくならなかったのを覚えています。
もう本当に夕方になるとテカリどころじゃなく、ピッカーンと特にデコが光ってました。
ティッシュオフが欠かせなかったですね。

結局は、洗顔で皮脂を取りすぎていたのが原因でした。

肌にはバリア機能があり、その役割を果たしているのが皮脂膜です。
洗顔で必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、脳が「もっと皮脂を出して肌を守らなきゃ!」と頑張ってしまい、過剰に皮脂が分泌されてしまったというわけです(だからニキビも減らなかったんですね)。

ちなみにいまはシルクスキンケアで、泡で洗わなくなりましたし、朝は水だけ洗顔でまったく問題なし!
テカリがなくなり、肌にはツヤが出てきて、とても調子がいいです。

シルクスキンケアでは「泡で洗わない」というのがポイント。

泡の元は界面活性剤という物質で、これは水と油をなじませる働きをします。つまり、簡単に言えば、皮脂などの汚れを浮かせ、水になじませて洗い流すということ。
ここで肌に必要な皮脂まで取りすぎてしまうと肌はバリア機能を失い、刺激を受けやすくなり、肌トラブルを招いてしまうことがあります。

SILK85のシルクスキンケアは、界面活性剤=泡を使わずに、洗いすぎないことで肌のバリア機能を守り、シルクと自然由来成分が肌の内側に働きかけることで、本来その人が持つ素肌力を引き出していくというわけです。

先日、シルクスキンケアをお使いの方から、「毎年秋に入ると乾燥がひどくてどうしようもなかったのに、最近は洗顔後にローションだけでお肌が潤っているのを感じる!」という喜ばしい連絡をいただきました。

素肌力が育つってこういうことだなぁと、とても嬉しかったです。

ぜひみなさんの美肌体験を教えてください。
それでは!

SILK85のあーちゃんでした。

toTOP