COLUMN

旬の食材を食べて
体調を整えましょう

3

先日母に「最近アンタ食欲が増してるよね」と言われ、びっくりしました。
そんなに食べてるつもりはなかったのに。

これが「食欲の秋」?
まぁでも、秋は美味しいものが多いから仕方ないよね~。
今年は松茸が豊作みたいで、お値段も通常の半額ほどだとか、ニュースでやっていました(食べたい)。

やっぱりその季節にしか食べられないものが食べたいですね!


薬膳でも旬の食材を食べることは体にいいことだとしています。
なぜなら、
●野菜にとって一番良い環境で育てられているから、栄養価が高く、味が濃くておいしい
●季節ごとの体調変化に応じ、体のバランスを整える作用を持っている

秋の気候は乾燥しやすいことが特徴ですが、体表が乾燥すると体内の粘膜も渇きやすくなるそうです。
体内の粘膜が乾燥すると免疫力が低下します。この時季に免疫力が下がると怖いですよね、インフルとかコロナとか・・・。

じゃあ、渇きを補うにはどんな食材を食べればいいかというと、
例えば、蓮根、長芋、ぎんなん、ごま、エリンギ、小松菜、梨、いちじく・・・

それに加え、秋は冬に向けて栄養を蓄えることも大切。サバやサンマなどの旬の魚は、気を養う上にビタミン・ミネラルも豊富なのでオススメです。

「なんだか最近体調良くないな。何を食べたらいいんだろう」という方
迷ったら旬の食材を食べる!ということを意識してみると自然と体が整えられていくのではないでしょうか。

皆さんの秋に食べたくなる食材は何ですか?オススメの食べ方などがありましたらそれも教えてください。
旬の食材を食べて、寒さに負けない体づくりをしていきましょう。

SILK85のあーちゃんでした!

toTOP