COLUMN

不規則な睡眠で
起きる時差ぼけ

2

明日から土日でお休みの方もいると思います。
休日の前夜は「今日はちょっと夜更かしをして、明日の朝はゆっくり起きよう」
そう考える方も多いですよね。
わたしもそうです。

録りためたドラマや映画を見て夜更かしして、休みの朝はゆっくり起きたり、二度寝をしたり・・・。

でも、なんとなーくわかっていましたが、これってあんまりよくないんですよね。
というのも、みなさん、「ソーシャルジェットラグ」という言葉を知っていますか?

ソーシャルジェットラグとは、平日と休日の就寝・起床リズムのズレのことを指します。
平日は仕事などがあり、規則正しく寝起きしているのに対し、休日は夜更かししたり、朝遅く起き出してきたりで、就寝・起床リズムが大幅にズレてしまいます。
そうすると体内時計はまるで異国に旅行にきてしまったかのように錯覚してしまうのです。
つまり、社会的なスケジュールによって引き起こされる時差ボケ(ジェットラグ)ということ。

このソーシャルジェットラグを放っておくと、肥満やコレステロール値の上昇、認知機能の低下、気分障害などの健康リスクを引き起こしてしまうそうです。
また、ソーシャルジェットラグ時間が大きいと、睡眠時間が足りていても日中の眠気が強くなる、ともいわれています。

では、どうしたらいいのか?
①休日の寝だめを避け、平日に20~30分早く寝るようにする
②休日も平日と同じ時間に起きて朝日を浴びる。睡眠不足を感じたら、寝だめではなく昼寝をする

質の良い睡眠が健康にも肌にも大切だと今までの投稿でもお話してきました。
特に日本人は、成人のうち4割もの人が睡眠不足であるというデータもあります。

睡眠不足になると体の免疫力も低下してしまいますから、風邪やウイルス感染が多い秋冬こそ、規則的な睡眠を心がけ、強い体にしていきたいですね。

ちなみに、シルクフィブロインに含まれるアミノ酸「グリシン」は、睡眠の質を向上させ、起床時に爽快感のある良い目覚めをもたらし、日中の眠気の改善、疲労感の軽減、作業効率の向上に役立つ機能があります。

食べるシルク(シルクパウダー)なら食べやすく、効率的に摂取できますので、気になった方はぜひオンラインストアをご覧くださいませ。

それでは、今日もみなさんに良い眠りが訪れますように。
SILK85のあーちゃんでした!

toTOP