COLUMN

良い姿勢は
美しさと健康につながる

2

みなさんは肩こりに悩まされていませんか?

わたしは時々ひどく肩が凝ってしまうことがあり、どうにかしないとなぁと思っています。

肩こりの原因は、同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレスによるものが大きいとされています。

特にわたしはデスクワークで同じ姿勢でいることが多いので、猫背になりがち。
休憩の時にちょっとしたストレッチをして、体をほぐすように意識しています。

体の不調は日々の姿勢からくるものもあります。
肩こりをはじめ、腰痛、頭痛、倦怠感、便秘・下痢、胃腸の不調、イライラ、睡眠障害、精神不安・・・。
もし当てはまる方がいたら、それは姿勢が悪いという体からのサインかもしれません。

しかも、姿勢の悪さは美容にも悪影響を及ぼします。
なんと老けやすくなる!というのも、背中が丸まっていると、頭や顔の皮膚がたるみ、老廃物が溜まったり、老け顔になったりするそうなのです。

さらに、骨盤が歪み、内臓の位置がずれることで、血液の循環が悪くなったり、筋肉が凝り固まったりして、エネルギーの消費量が落ちてしまう。つまり痩せにくく太りやすい体質になるということです。

そして何より、他人から見たときに姿勢が悪いと暗い印象を持たれたり、老けて見えたり、自信がなさそうに見えたり、そもそもかっこ悪いですよね。
特に初めて会う人に良い印象を持ってもらうためには姿勢の良さは欠かせません。

では、正しい姿勢とは何か?
それは、背骨が緩やかなS字を描いている状態です。そして、耳・肩・骨盤・くるぶしは一直線になっています。
横向きで鏡に映してみるのもいいですが、スマホで誰かに写真を撮ってもらうのが一番わかりやすいかもしれませんね。

お腹が緩んでいたり、巻き肩になっていたり、左右の肩の高さが違っていたり、お尻が突き出ていたりすると、改善が必要です。

じゃあどうやって正しい姿勢を手にいれるか?
意識するのは、お腹、肩、重心、お尻です。
まずはお腹に力が入っていないと背中が丸くなりがちです。わたしはおへその下あたり(丹田)に力を入れるイメージで、背筋を伸ばします。
肩は力を入れすぎないでリラックス。肩を回して腕はストンと体の側面に沿って落とします。
重心は少し後ろ、くるぶしのあたりを意識します。現代人はスマホの使用や女性ならヒールをはくことで、重心が前に傾きがちです。少し後ろに重心を置くことを心がけてください。
最後にお尻の穴を閉める!

よく言われますが、紐でまっすぐ吊るされた状態をイメージすることも大切です。このとき、反り腰になってしまわないように注意!

そして、個人的にオススメするのが「常に誰かに見られているという意識を持つ」ということ。
街を歩いているとき、信号待ちで立っているとき、「自分は見られている」と思うとわたしは自然と背筋が伸び、良い姿勢でいようと身が引き締まります。みなさんはどうでしょうか?

姿勢を良くすることで、気持ちもシャキッとします。いつまでも健康で美しく、自信にあふれる輝くような女性でいたいですね。

今日は全国的にも晴れてお出かけ日和。
良い姿勢をちょっと意識して、外に出かけてみてはどうでしょうか?

SILK85のあーちゃんでした。

toTOP