WORKSHOP

【開催レポート】12月7日「お酒と愉しむクリスマスの薬膳」シルク薬膳料理教室開催しました!

IMG_5107
希少な漢方薬のひとつとして、古代から食べられていたシルク。シルクにはアラニン、グリシン、セリン、チロシンなど、18もの必須アミノ酸が含まれています。 このシルクの良質なたんぱく質を、食べやすくパウダー状にしたのが「フィブロダーマ シルク インナービューティー」。12月7日(土)、「シルク インナービューティー」をとり入れたシルク薬膳料理教室 第5回を開催。講師は漢方ナチュラルkitchen主宰の高山恵美先生です。(於:キッチンスタジオ「あぐりむ」/名古屋市中村区)

<過去の開催テーマ>
第1回 4月20日(土) 「イタリアンで美肌に」
第2回 6月1日(土) 「中華で梅雨を乗り切ろう」
第3回 8月3日(土) 「胃腸をケアする晩夏のご飯 ~手作り豆腐を作ろう~」
第4回 10月5日(土)  「秋バテから免疫力を守る秋の薬膳」 
IMG_1079 IMG_1063

第5回のテーマは「お酒と愉しむクリスマスの薬膳」

忘新年会などでお酒を飲む機会が増える年末年始。腸内環境が乱れて便秘になったり、代謝が落ちて肌トラブルが起こりやすくなったりします。 この日は、老廃物排出効果のあるごぼうや、貝類など肝臓の働きを高める食材、オリーブ、柿、柑橘類、ざくろなど解酒効果のある食材を取り入れたクリスマスの薬膳メニューでした。

【MENU】 シルク陳皮塩の炒め玉ねぎ/豆乳クラムチャウダー/薬膳ミートローフ~バルサミコソース グリル野菜添え/サーモンとアボカドのスモーブロー/ひじきと豆のサラダ/オリーブのフライ/バジル風味のショートパスタ/レアチーズケーキ~柿とりんごのソース/ザクロジュース

「シルクを構成する18種のアミノ酸の中には、二日酔いに効果的なアラニンやグルタミン酸が含まれています」と恵美先生。シルクパウダーとミカンの皮を乾燥させた陳皮、塩を混ぜ合わせた“シルク陳皮塩”を料理の隠し味に使用。シルクそのものに天然のコクがあるため、塩分控えめでも深い味わいに仕上がります。 IMG_5101   IMG_0945

朝採りの新鮮な自然薯もメニューに登場。生のままハトムギしょうゆ麹をかけたり、アルミホイルに包んでグリル焼きにしたりしていただきました。 どのお料理もお酒との相性抜群!体の調子を整えながら、お酒を美味しく楽しむ和やかな会になりました。

次回は2020年2月1日(土)11時~14時 「シルクパウダー入り薬念からつくるキムチづくりと薬膳がゆ」をテーマにシルク薬膳料理を学びます。 ご興味のある方、おひとり様も大歓迎!お気軽にお申込み下さい。(次回2/1 補講3/7)
 
お申込みはこちらから↓

toTOP