フィブロダーマの名前の由来

 

 シルクフィブロイン(※1)で毎日肌のお手入れをすることで、美肌のもととなる線維芽細胞(※2)=フィブロブラスト)を活性化して、肌の真皮(ダーマ)を育ててほしい。ブランド名「FIBRO derma(フィブロダーマ)」の名前には、そんな想いがこめられています。

 
 フィブロダーマの全ての製品は、再生医療素材にも使われるシルクフィブロインを主原料とし、何歳からでも肌を真皮から安全にじっくりと育てていけることが、最大の特長です。毎日のお手入れにシルクの簡単でシンプルな肌ケアを取り入れることで、素肌力がついてきます。そして、素肌に力がつけば、肌を覆い隠す下地が不要となり、結果、化粧の時間もさらに短縮することができます。
 

簡単に綺麗、大人になることが素敵。そんな価値観が日本で育っていくと、素晴らしいと思いませんか。

※1シルクの二層構造の芯の部分
※2コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を産みだす元となる基幹細胞

 

toTOP