CART

個数:0点

合計:0円

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-469-851

製品に関するお問い合わせ

ローズ農家さんとのつながり

夫婦の情熱から生まれた国産ダマスクローズの谷

ローズピアは、香嵐渓にほど近い、のどかな山の中にあります。ゲートをくぐって車を降りると、風に乗ってダマスクローズの香りが!目の前に広がるのは3千坪という広大な薔薇の谷。まるで夢のようなこの空間は、もちろん一朝一夕で出来上がったものではありません。

園主である渡邊敏遠ご夫妻がダマスクローズの栽培に着手したのは、今から10年前にさかのぼります。ブルガリアを本場とするダマスクローズ農園をここ日本で実現させたい、との強い想いから、ご夫妻は現地農園にも精力的に見学に出向きました。ダマスクローズの国内での大規模栽培は前例が少ないため、栽培に適した高原の土地探しから始まり、雑木林の伐採・開墾、土づくり、井戸堀りなど、全てが手探りの状態からのスタートでした。  

さらに、ブルガリアから苗を取り寄せ、気候風土に合った最適種を見つけ出し、獣害や悪天候との闘いなど、まさに血のにじむ日々を積み重ねてくださったからこそ、今こうして、咲き誇るダマスクローズを目にすることができるのです。

私たちスタッフがご夫妻を訪ねたのは、収穫時期を迎えた5月の終わり。農園の草むしりのお手伝いをさせていただきました。  ダマスクローズは、完全無農薬で育てられています。雑草を引き抜くと、土の中からは、丸々と太ったみみずや名前を知らない沢山の幼虫たちが顔を出します。蜜を求めて蜂や羽虫も飛んできます。野鳥もいます。けれど、これが自然本来の姿。生態系の連鎖において、不必要な存在など、どれ一つないのです。

「農薬を散布すれば草抜きも楽だし、虫もつきません。収穫量も軽く倍以上になります。」とご夫妻。けれど、皮膚や口に入れるものとして、真に必要なのは目先の効率ではなく、安全であること。小さな虫たちにも無害なものは、人にも無害です。逆を言えば、農薬といった虫にとって有害なものは、人にとっても決して安全とは言えません。だからこそ、毎日大汗をかき虫たちと格闘しながら草むしりをする。それがご夫妻が誇りを持って選択なさったスタイルでした。

現在80歳のご夫妻は、まさに人生の大先輩。強靭な精神力と持続力、そして決して褪せることのない情熱は、フィブロダーマの製品づくりに取り組む私たちにとっても、大きな気づきと勇気をいただける存在です。

現在、今年収穫されたダマスクローズを蒸溜したウォーター配合の2016年度産「フィブロダーマ with ダマスクローズ」が生産に入りました。フレッシュで癒しに満ちた薔薇の谷の香りを、今年もみなさまにお届けする日も間近です。どうぞお楽しみに。

戻 る

SILK85 Brandブランド一覧

  • FIBROderma with Damask Rose
  • FIBRO derma BODY and HAIR
  • 純絹シリーズ
  • 初絹シリーズ

facebook